投手 インナーマッスルの筋力強化

[PR広告]

えっ!?ネットを使って1日1時間で月30万円稼ぐ副業のやり方?
>>詳細はコチラをクリック<<

インナーマッスルの筋力強化

ピッチャーをしていれば、インナーマッスルという言葉を聞いたことがあると思います。

 

インナーマッスルというのは回旋腱盤といって、
肩の関節を安定させるための筋肉群となります。

 

ですから、必ず鍛えなければならない筋肉です。

 

主に肩の外旋、内旋という動きでよく働きます。

 

このインナーマッスルの一番大きな働きは、
上腕骨を肩甲骨に押し付けるように働くという部分です。

 

上腕骨は投球動作の際に、肩甲骨から離れようとしていきます。
つまり、肩甲骨と上腕骨の間の隙間が広がります。

 

この時、インナーマッスルが、肩甲骨に上腕骨を押し付けようとする
作用が起きるので、うまく肩の関節を動かすことが出来るのです。

 

しかし、インナーマッスルが弱くなったりして効かなくなると、
肩甲骨と上腕骨の隙間が広がってしまうので、
鎖骨の外側の部分に衝突したり、腱などを挟んでしまい
障害を起こしてしまいます。

 

これが、野球肩の原因になるわけです。

 

ですから、インナーマッスルを鍛えることによって、
野球肩の予防にもなりますし、肩がスムーズに動くようになるので、
制球力や球速にも関わってくるのです。

 

トレーニングの方法は主に外旋、内旋の動きのトレーニングです。

 

主にチューブや軽量ダンベルを利用して行います。

インナーマッスルの筋力強化について関連ページ

上半身の筋トレ種目
投手の上半身の筋トレ種目について解説しています。上半身の筋力強化を考えている人は参考にしてみてください。
肩の外側面の筋力強化について
肩の外側面の筋力強化について解説しています。肩の外側を鍛えたいと考えている人は参考にしてみてください。
肩の前面の筋力強化について
肩の前面部の筋力強化について解説しています。 肩の前面部の筋力強化をしたいと考えている人は参考にしてみてください。
肩の後面の筋力強化について
肩の後面の筋力強化について解説しています。肩の後面の筋力強化をしたいと考えている人は参考にしてみてください。